資料で説明をするサラリーマンの男性

教育・研修

TRAINING AND DEVELOPMENT

新人研修について

内定者研修

約3か月間、通信教育(e-learning/テキスト)において、ビジネスマナーに関する簡単な情報や経済に関する講座を受講いただきます。

新入社員研修

新入社員研修は、入社後約2ヶ月間を集合研修期間、その後をOJT期間と位置付けています。
集合研修では、言葉づかいやマナー、社会人としての基本ルールを学ぶほか、コンピュータやソフトウェアの基本的な知識やプログラミング技法を学びます。
また、研修終了後飲みに行ったり、一緒に遊んだりと、”同期”との深い絆と団結力が育まれるという意味からも、貴重な時間です。

プレゼンテーション研修

入社後研修で習得・体験したことを振り返り、成果発表として1人ずつ社内プレゼンを行います。
成果発表を成功させるため、また今後のビジネスにおいては上司への報告、お客さまへの提案など、ビジネスの現場はプレゼンテーションの機会で溢れていることから、相手の立場に立ち、「簡潔に」「わかりやすく」伝えることができるよう学びます。

成果発表を通して、自分の強み・弱み・今後の課題を自覚するとともに、自律性や主体性、考える力の構築とともに起承転結で物事をまとめる力の基盤作りを図ります。

OJT(On the Job Traning)

配属先ごとに必要とする知識や技術が異なりますので、入社後3ヶ月には現場に配属され、実務を経験しながらトレーニングをしていきます。
OJTは先輩社員がマンツーマンで指導。本人の理解度や成長度合いによって個人に沿った教育指導方法を変えていく方針なので、徐々に仕事の進め方を学んでいくことができます。

フォローアップ研修

配属後1年を過ぎたころ、この先成長し続けるためのフォローアップ研修を行います。
入社からこれまでの成果・成長を振り返り、2年目社員によくある不安を解消し、意欲的に今後の仕事に取り組んでいただくための考え方やヒントを掴み、ビジネススキルのブラッシュアップを図ります。
また、同期とお互いのキャリアビジョンを話す機会となることで、情報の共有・交換のほか同期のつながりを深めらることができます。

社内研修会について

研修委員会を主体に定期的に社内で行われています。
最近は、AWS環境構築をテーマにした研修が人気です。

キャリアアップ研修について

ミドルクラス以上を対象とした次世代リーダー育成研修など外部コーチを招き行っています。
その他、コンプライアンス研修など、小さなミスの防止をはじめ組織全体の仕組みにかかわるものや、具体的なケースを解くものなど、予防のための仕組みづくりが確立されています。

資格取得奨励制度について

自己啓発支援として、社員の知識・技術の向上を目的とした資格取得奨励制度があります。
会社で認められた各種資格(国家資格、公的資格、民間資格、社内資格)については、合格時に奨励金が支給されます。

そのほかにも、SE・プログラマとして取得してほしい「基本情報技術者試験」については、会社が受験料を支給しています(支給制限年数有り)
また、業務や職種に求められる知識・技術などを強化するためのセミナー・トレーニング受講については支援を積極的に行っています。

キャリアパスについて

当社では、IT人材は個々のキャリアパスを描くことで、ギャップを認識し達成すべき目標を明確化することができると考え経済産業省が定める指標「ITスキル標準」を参考に、キャリアパスを定義しております。
また、目標に向かって着実に進められるよう目標管理制度として「目標カード」を設け、目標設定による主体性・モチベーション・問題解決能力の向上を狙い、社員のスキルアップを促進しています。
「目標カード」は上期・下期で立てることができ、上司とフィードバックを行い人事考課に連動されます。

キャリアパスについての説明図